読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

football mania

音楽レビュー等

RB Leipzig×Wolfsburg

ってか4部のライプツィヒに負けるマガトウォルブスは大丈夫か、今シーズン。
ダメだったところ。
簡単なワンツーで崩されるDFライン
左サイド攻撃偏重
CBのパス精度の悪さというか足元の下手さ
行き詰ったときの切り札、ゲームを作れる選手の不在。
良かったところ
長谷部の献身的な動き。
サリハミジッチの移籍後初ゴール。

まずはすべての失点のガンになっていたDFラインの脆さ。
シェーファーのサイドのCBがおそらく下部から昇格したばかりのルスだったことを差し引いても酷かった。
シェーファーの上がったスペースをしっかりと使われてたし…
今回、両サイドバック上がる→CBからパス出そうとする→カットされる→ショートカウンターって流れが多すぎたとくに前半。
後半は長谷部なりトレシェがボール受けてワンクッションおいてたからある程度繋がったものの、ほとんどカットか外に出てたからね。
そして後半からデヤガ投入で完全に左サイド偏重型の攻撃へ、前半は右のオックスとかも使ってたけど後半はほとんど左サイドからでデヤガとシェーファーの二人で崩そうとしてるから単純な攻撃になって相手も守りやすくなると。
左サイド偏重でももう一人入ってくるとよかったんだろうけど。
それをやるにはトップで存在感ある人が出てこないとダメ、今日の2トップはラキッチとマンズキッチの二人。
1つ目とかぶるけども、DFが慌てすぎ。フリーなのにすぐボール蹴っちゃったりパスが悪かったり。
ケアとルスは若いからだろけどはたして大丈夫かな。
最後は方向性の問題なんだけどマガトの好きな選手とは正反対の選手がいないと今日みたいな局面は多分打ち破れない。
ある程度破天荒な選手も必要なのかなとカーレンベルグも良いけど、やっぱりジエゴぐらいの実力は欲しい。
良かったところはほんとにオマケ程度なので省略します。
長谷部、ハンドしてたしね。
ってことでカップ戦無くなって日程的に有利になったぐらいしかないかな。
移籍市場でどう動いてくるかも重要ですね、とりあえずフォワードとある程度前向いてボールキープできる選手。