読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

football mania

音楽レビュー等

ファジアーノ岡山×東京ヴェルディ

ファジアーノ岡山×東京ヴェルディ 2-1

はてはて、久しぶりにヴェルディの試合を見る。
ここ数試合調子が良いということで期待。
どちらも同じような戦略のクラブ。
ハイプレッシャーかけてのショートカウンター起点。
試合は岡山ボール持つけどヴェルディの方がチャンスは大きいみたいな流れ。
そんななか、常盤か誰かがつっかけたボールがファジアーノDFに当たり、オフサイドポジションの杉本へ、杉本がDFをかわし落ち着いて流し込み先制。
ラッキーっちゃラッキーだけど、点取れればよしでしょう、更にあそこでしっかり決めるところ、杉本良いですね。
しかし、試合は岡山ペースへ、やはり運動量が落ちてきたところが狙われる、失点は二ウドが上がってプレスかけたところをかわされてそのスペースを使われて立て続けに2失点。
猛攻かけるもあと一歩が出ずに敗戦。

試合は負けたけど二ウドの貢献が半端ない。
中盤で安定したボール奪取、割りと安定した散らし、その二ウドに触発された鈴木惇もいつになくプレス、中盤でボール取れることによって当たり前だけどピンチは減るしチャンスは増える、さらに二ウドは押し上げの意識も高い、ただ失点シーンみたいなことにもなるのでそこは要注意かな。