読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

football mania

音楽レビュー等

ストロークス、ニコライ・フレイチュアの新バンドが音源を公開。

ニコライの新バンドが新たな音源を発表した。

ストロークスのベーシスト、ニコライ・フレイチュアが結成したバンド「Summer moon」が新たな音源をドロップした。
 
タイトルは「With you tonight」以前公開された、「Happenin(blue room mix)」に続く音源公開である。
 
 

フレイチュアのバンドメイトであった、アルバートハモンドジュニアはソロアルバムを7月31日にリリースするという、今回のアルバムを受けてアルバートは「今までで一番いい曲が書けた」と語る。
 
2013年に「come down machine」をリリースしたストロークスだがフロントマンのジュリアン・カサブランカスはthe voidzと共にサヴェージズとコラボをするという話も出ている。
 
ストロークス近辺が騒がしくなってきた。
 
まず、ニコライのバンドですが前にも紹介しているのでそちらの記事を先にご覧ください。
前回と違って流行り言葉で言えばディスコポップ。
ダフトパンクがやっててもおかしくない音像。
しかも声加工してるし、少しだけ。
夜聴きたくなるであろう曲、バンド名が「Summer moon」というだけあってやっぱり夜に聞けるような曲が多いのだろうか。