読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

football mania

音楽レビュー等

フランシス ハに想う大学。

 

「フランシス ハ」を見た。

 

バレエカンパニーの研究生で27歳のフランシス(グレタ・ガーウィグ)は、大学在籍時の親友ソフィー(ミッキー・サムナー)とニューヨークのブルックリンで共同生活をしていた。ある日、彼女は恋人に一緒に暮らそうと誘われるが断り、その後別れることに。ところがソフィーがアパートの契約更新を行わず、引っ越しすると言ったことで……。

あらすじ通り、夢見る少女であるフランシスがいつまでも実習生をやりつつ、夢見てるだけではお金はもらえない。

恋人からの同棲を断ったところからすべてが上手く回らなくなっていく、知り合いのつてで色々なところで部屋を借りたり居候をする、そして最後は大学まで戻り...

 

最後の最後で救いがあるこの映画。

何故フランシスハなどというタイトルになったのかそしてこの映画の言いたかったことがダブルミーミングになっていることが驚愕。

 

とにかく、フランシスが天真爛漫なところが見る人々の心をグッと掴むこと間違いない。

ただ、その爛漫さが仇となり、色々なところで空気読めない発言をしてしまい、居候の身なのに気まずくなったりする。

また俗に言う出不精なのでわざわざパリに行ったのに起床が16時なんてこともあったりする。

 

最終的に大学の寮で管理人を行うところまで行くんだけども、これが中々にわたしに重なることが多くてつらい。

私自身、大学を卒業して2年経つが戻りたいと未だに思うことがある。

しかし、大学ってのはモラトリアムと揶揄されることがあるようにいつまでも方向性を決めずにダラダラ出来るところという見方が一般的だと思う。

そこに戻ってきちゃうと、結局学生たちは10代後半から20代前半の前途洋々な若者たち、一方27歳のフランシスはここでも自分の居場所を掴めずにいる...

やっぱり大学って若者の物であって20代後半とかで行くと場違い感が出るのかなと考えてしまう。

 

前述のとおり、ラストですっきりとするこの映画、自分の居場所に不安を感じている、自分が今後どうすれば良いのか分からない人に見てほしい、きっと今後の人生のヒントを掴めるはずだがら。

 

フランシス・ハ [DVD]

フランシス・ハ [DVD]