読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

football mania

音楽レビュー等

appleの業績は中国が支えている。

 米アップルが「iPhone」の売れ行きが好調な中国市場への依存を強めている。
21日発表の4〜6月期決算は中国での販売が牽引役となり、6四半期連続で増収増益となった。
ただ7〜9月期業績見通しは市場予想を下回る水準で、中国の先行きへの不安もにじませた。
「我々は中国について極めて強気だ。戦略を変えるのは馬鹿げている」ティムクックCEOは強気に語る。
「高速通信網の整備によりスマホの利用はさらに拡大する。中間層も増え続け、大きな商機がある」「中国がいずれ米州を抜いて最大の市場となる」
投資もはっきり継続すると表明した。
中国には直営店が22あるが来年半ばまでに40店舗にする計画は変えない。
日本経済新聞より抜粋

appleが中国で幅をきかせているとは思いませんでした。
しかし、株価は大幅下落と記載されている。
中国はもう既に落ち目ではないのかと思ってしまうんですが。
ティムクックは強気ですね。
そういえば日本でもイオンに直営店を作るという話がこの前出てましたがどうなったんでしょうか。
appleっていうブランドはそうそう廃れないでしょうから、日本ではまだ下火にならないでしょうが、中国はどうなんでしょうか、中国もブランド意識とかすごいのかな。
以上、何故か新聞のニュースを拾ってみました。