football mania

音楽レビュー等

2017年ベストアルバム

今年のベストアルバム

 

 

f:id:enotyann:20180102085205j:plain

jjj「ヒカリ」

M1のBABEもそうだけど、トラックの多様性が凄すぎる。

昨年出したC.O.S.Aとフレシノのアルバムのトラックも食らったけど、本当に1人で作ってのんかなって疑っちゃうほどの汎用性の高さ。

日本国内でトラックメーカー多いけど、いい意味での雑食性は彼にしか出せないと思う。

フラッシュバックスももう1回やってほしいし、2018年も活発に活動してほしい。

 

 

 

 

f:id:enotyann:20170410122701j:plain

Nick Hakim「Green Twins」

ベットルームシンガーソングラーライターの異名をもつNick Hakimのデビューアルバム

フォーク、マーヴィンゲイ、カーティスメイフィールド、マッドリブ、MF DOOMをバックボーンにもつアーティスト。

ソウルミュージックですら、ベッドルームで作れるようになってしまったのかと、近年のテクノロジーの進歩には脱帽だけれども、ディアンジェロにもひけを取らないセンスは今後伸びる可能性大。

声、ビートどれを取っても文句ないし、ベロベロの電車とかで聞くのがオススメ。

 

 

f:id:enotyann:20180102085408j:plain

TENDOUJI「MAD CITY」

日本で今、このタイミングでこういうバンドが存在していることが嬉しい。

ペイヴメント直系なローファイに英詞の歌詞が優しくのる。

ライブがすごいみたいだけど行ったことないから分からない。

コードとか展開とか分からないけど、聞けば元気になる、そんなバンド。

 

f:id:enotyann:20180102085504p:plain

8otto「Dawn on」

8otto、6年ぶりのフルアルバム。

彼らのインタビューを読んでると、この形式が音楽と人間生活の共存をするのにちょうど良い形なのかもしれないし、そしてその形式を取っているのにこの素晴らしい楽曲が出来上がるってのは彼らのセンスが抜きん出ている証しでもあると。

8otto初のホーン隊を取り入れた楽曲もホーンをうまくバンド内で消化してて食われてない。

全国のバンドマンに勇気と選択肢を与えるアルバム。

 

 

f:id:enotyann:20180102085605j:plain

Homeboy Sandman「Veins」

ダークなトラックにポエトリーのように叩きつけるリリックが癖になるhomeboy sandmanのデビューアルバム

タイトな楽曲ではない、M4「Clarity」が琴線に触れて何回もリピートしました。

 

 

f:id:enotyann:20180102085710j:plain

思い出野郎Aチーム「夜のすべて」

8ottoと同じような感じなんだけどウォーキングバンドマンに勇気と選択肢を与えるアルバム。

ダンスに間に合えばすべて投げ捨てても良いっていうM1にすべてが集約されている。

仕事後イベント行く時とか、これ聞いて行くとどんな曲がかかってても楽しめるというジンクス付き。

 

f:id:enotyann:20180102085846j:plain

Chillhop Essentials series

オランダのレーベル「Chillhop Recoreds」が春夏秋冬で出しているコンピ。

全編インストながらジャジーで高質なトラックたちが盛りだくさん。

バンドキャンプで無料配信しているほか、クラウドファンディングによってアナログの販売も行っている。

自分が好きなのは春盤、日本の桜をイメージさせるような楽曲が多く、寝る前などにオススメ。

 

f:id:enotyann:20180102085954j:plain

Kendrick Lamar「DAMN.」

やっぱりケンドリックは外せない。

すごい注目度の中、発表された今作は前作「to pimp a butterfly」とはうってかわってトラップ調の曲が多い。

リアーナとコラボした「LOYALTY」ではブルーノマーズ「24K Magic」を逆再生でサンプリングするなど、センスには脱帽。

また逆順で再生したり、続編が発表されるのではないか、キリストとの絡みなど収録楽曲以外のところでも話題を提供した。

 

f:id:enotyann:20180102090059j:plain

punpee「MODERN TIMES」

ようやく発表された板橋のダメ兄貴ことpunpeeのデビューアルバム。

PSGの頃より広い視野のことを歌う今作は、punpeeならではの視点で現状の日本、世界を皮肉っており、日本人にとっては珍しく時事的なことを歌っている点も注目。

年末に公開されたスターウォーズ最新作のルークの心境とも被る点が何点かあると自分では思っており(今作でもスターウォーズの効果音がサンプリングされていたり!!)聞けば聞くほど発見がある。

これほど作り込まれたアルバムも珍しく、洋楽邦楽の枠を超えて今年1番よかったアルバムだった。

 

すごい雑多に今年多く聞いたアルバムたちを選出してみました。

やっぱりpunpeeが今年の大賞ですかね、追加公演見に行ったり、ユニットのイベント行ったりと生で見たことが1番多かったっていうのもあるかもしれないけれども。

これだけのギミックがあるアルバムを作るのはすごい骨が折れると思うので、もう2、3年はアルバム出なさそう。

 

世界の音楽事情を見てみるとロックをR&B、ヒップホップが超えた年であったと。

確かにどこを見てもR&B、ヒップホップの話題が豊富ですよね。

表現方法が豊富というか、ロックじゃできない領域があってそこにピタッとはまった感じですかね、あとはLGBTや黒人迫害といった社会問題を提起できるミュージシャンが多いのも要因かも。

ロックバンドは夢ばかり語ってるものが多い一方、R&B、ヒップホップは地に足が付いている感じが支持を集めているのかなと、SZA、Drake、ダニーブラウン、サンファと選出はしませんでしたが良質なアルバムがたくさん出てました。

 

一方日本国内というと、世界の情勢とは全くリンクしない楽曲たちがチャートを踊っていたような印象ですね。

俗にいうセカイ系からまだ脱していないバンド、脱することすらしていないバンド等々。

盛り上がりを見せているヒップホップですが、音源に関してはトラックは素晴らしいものが多い半面、リリックでちょっとなーと思うことが多々あり。

もともと自分たちのことを歌うのがヒップホップと理解はしているのですが、スケールの大きな話、社会問題の提起等を行ってる海外に比べるとまだ小粒、そしてくだらないと思ってしまうという印象でした。もちろん、社会派なラッパーもいるだろうし掘れてないだけということを願いたい。

 

ちなみに忘年会と忘年会の合間に書いているんで乱文すみませんでした。

 

 

 

 

 

最近の生活と未来の自分に力を借りた男の話

最近自堕落な生活を送っている気がする。

月曜日から相席屋で出会った女の子たちと朝までカラオケをしたからだろうか。

仕事において良い企画が出せないからだろうか(良い企画とはなんなのだろうか)

それとも、給料日まであと15日もあるというのにもう貯金が底をつきそうなことだろうか、堂々巡りの末、ラヴクラフト全集なんぞを買ってしまったものだからもう魑魅魍魎の世界から抜け出せないのである。

そこで思い出した未来の自分に力を借りればいいのだと、2017年10月にリリースしたアルバムに対し、2057年からのエールを1stトラックに持ってきた男を思い出した。

punpeeである。

加山雄三のremixから宇多田ヒカルのrimix、さらには水曜日のダウンタウンのOPなど様々な楽曲を手掛けているpunpeeがついにオリジナルのアルバムをリリースしたのだ。

さらにどういう表現手法を利用しようか悩んだ末の未来からの自分のエール。

未来の自分にクラシックと言わせてしまうのだからもはやクラシックなのである。

この表現技法憎たらしいぐらいズバっと決まっていて、もはやセンスがいいなんて言葉では表現できないほどである。

板橋のダメ兄貴ことpunpee、曲中ではKOHH、toufubeats、実弟であるslackの名を出して自分じゃなくてもいいなんてことを表現したり、スーパーマンになったり、板橋の端っこでレコードに針を落としてこれがなかったらなにをしていたんだろうかなんて自問自答を繰り返す、まさに映画のシナリオのような展開に聞いているこちらも映画の中に入ったような気持ちになる。

物語に入っていくようなこの作品、ヒップホップを知らないやつにもハードルが低いし、知ってるやつはニヤッとするタイミングがあるし、映画が好きでもにやにやできる。

特に「親父と母親が出会ったクラブ」のあたりは最高である。

このアルバムがあれば、2057年まで生きていける、そんな超レアなアルバム。

ただpunpee自身も言っているようにこれが大切なんだぜ。

 

MODERN TIMES

MODERN TIMES

 

 

 

ラヴクラフト全集 1 (創元推理文庫)

ラヴクラフト全集 1 (創元推理文庫)

 

 

fantasmaに見る自分の生き方と小山田圭吾とpunpee

過去は振り返らない、ラッパーがよく言いそうな言葉だが、自分は割りとナチュラルボーンにそういう生き方をしている気がする。
小中高とつまらない日々を過ごしていたからなのかなんなのかは分からないが、社会人になってからもこの癖は抜けていない。
 
音楽に関してもこの癖は抜けない。
古い音楽は退屈だと思い込んでいた、だからビートルズは聞かないし、昔の音楽なんてダサいと思っているし、新しい曲だけを追い求めてきた。
 
そういえば、「空飛ぶ広報室」(TBSドラマ)で主人公、空井大輔(綾野剛)の上司鷺坂(柴田恭兵)が「酒を飲むときは未来の話をする」と説いていたことを思い出す。
 
こんな生き方をしていたから、今、オザケンが復活したからといってフリッパーズギターは聞こうと思わなかったし、オザケンの新譜もスルーしていた。
表題のコーネリアこと小山田圭吾に関しても聞いたこともなかった。
そもそも渋谷系というカルチャー自体を嫌悪していた節さえある、過去のムーブメントなんてどうでもいいと。
 
しかし、仕事上コーネリアスを聞いておいた方が良い局面に出くわした。
だから聞いた新譜「Mellow Waves」を、全然ピンとこなかった、なぜこの楽曲がこんなにも受け入れられているのか分からなかった、全くわからない...
iPhoneからはただ「The Rain Song」が虚しく流れている。
そんな中で目を引いたのがコーネリアスが1997年に出した「fantasma」だった。ジャケがポップで何よりタバコを吸っている小山田圭吾と全体のオレンジがアンバランスで不穏な空気を感じたのだ。
早速再生ボタンを押す、M1「MIC CHECK」なんだこのサンプリングだらけのつぎはぎの曲は、実際のマイクチェックを利用しているのかは分からない、イッツアスモールワールドのテーマから口笛のベートーベン、そこから始まるドラム、一気に引き込まれてしまった、さらにM5までシームレスにつないでいく楽曲たち、繋がっているのに流れてくるのはジャンルの違う曲、1997年という年にこれほどまでの楽曲を作れるアーティストがいたのか、静と動をうまく使い分けるセンス、コーネリアスの影響を受けているアーティストはもっと頑張れと思ってしまうほどこのアルバムは素晴らしい。
 
さらに1997年といえばaphex twinの「Richard D James album」がリリースされた1年後、同年にはmouse on mars「autoditcker」がリリース、さらに1998年にはtortoiseTNT」と時代はポストロック、IDMという音楽をちぎって貼り付けて作る音楽の扉を開けようとしていた、そんな中、世界的にも類を見ないアルバムが日本で生まれていたなんて...自分が10代の時にこれを聞いていたら、今聞けたことにも感謝なのだが、もっといろいろなことをこのアルバムから感じ取れていたのかもしれない。
 
時は回って2017年、ヒップホップの最重要アーティスト、punpeeが奇しくも自身初のフルアルバムを出したこの年に、サンプリングてんこ盛りなアルバムに出会えたのは何かの因果かもしれない。punpeeの新譜は今回、映画を模した作りになっている、色々な方面から自分を見てキャラ作りして、客演もあの手この手でpunpee自身をいじっている。何か「fantasma」「modern times」はどこか似ている気がする。
 
小山田圭吾とpunpee、ジャンルは違えどこの2人には共通のものが何かあるような気がしてならない。
 
 

Hip-HopのようでHip-Hopでない何か〜Mister Mellow〜

Washed Outが2013年Paracosm以来のフルアルバムをリリースした。

Washed Outといえば2011年に1st Within and Withoutをリリースし、チルウェイブの代表格として世に知れ渡ったアーティストである。

そして2枚目、Paracosmでは多幸感溢れる楽曲たちを収録し、Washed Out象を確固たるものとした。

しかし、今回のMister Mellowはどこか毛色が違う作品になる予感があった。

その一つの要因として、レーベルを移籍したことがあげられる。

そう、j dillaMadlibらが所属する、またはしていた、Stones Throwからのリリースなのである。

彼自身インタビューでこのレーベルから出す特別さをあらわにしている。

「新たに作品を出すにあたり、レーベルを移籍したことはとても大きい、特にストーンスロウはここ10年から5年で1番成長してるレーベルだと思っているよ、ヒップホップを主に扱うレーベルだということはもちろん知っている、ただ彼らはジャンルを手広くやっていて、僕の想像を超えていたんだ、レーベルからの影響はとても大きいよ」

彼はこのあと今作がヒップホップ的な要素と制作方法をしていることについて言及し、僕はまだまだサンプリングについては学生レベルだよとも話している。

ここまでの経緯を見ていただくとこれまでの作品とはとても違うということが分かってもらえると思う。

楽曲たちに目を移しても、今までの打ち込みや俗に言うチルウェイブ的な楽曲ではなく、サンプリングを基本とした楽曲が多い。

そして、歌詞についても今作では本当にWashed Outなのかと耳を疑う物も多い。

「月曜、火曜、水曜、毎日同じような日々、おれは起きて、会社に行く、そして自分のベストを尽くす、そのためにもおれのテンションを下げるものを全て忘れる必要があるのさ」

「俺の人生はとても退屈なものだ、しかし音楽は大好きだ、もし聞いてる音楽が良いものだったとしたら、音楽はおれをハッピーにしてくれる」

「アメリカはストレスにさらされている、最近の調査で判明したそうだ、そして無料のメンタルヘルスケアを推進している」

などなど、とてもリアリティ溢れる歌詞が多くなっている。

これは今までのWashed Outとは明確に違う部分である。

これがこれからのWashed Outのモードだという決意表明とも取れる今作、ぜひとも聞き、このストレス社会を乗り切る糧にして欲しい。


Washed Out - Hard To Say Goodbye

 

Mister Mellow?

Mister Mellow?

 

 

グランジシーンに思いを寄せて。

90年代前半ニルヴァーナパールジャムらを筆頭に一種のムーヴメントが起きた、それがグランジ

前述の2バンドのほかにも、スマッシングパンプキンズやピクシーズダイナソーJrなどグランジのアイコン的バンドは後を絶たなかった。

グランジの音楽的な特徴は、ハードロックのような特徴のあるリフとパンクロックのような性急なビート、そして時折見せる急激な転調。ブラックサバスであったり、ブラックフラッグであったりと過去のハードコア、メタルバンドの影響が多分に出ている音楽だった。このグランジブームは1994年、ニルヴァーナのボーカル、カートコバーンの死によって一旦陰りを見せるが現代までその影響は残っており、フォローするバンドも続々と登場している。

 

話を現代に戻そう、カナダの都市コクレーンという都市を知っているだろうか。

観光都市でもないこの都市は、アイスホッケーの選手がビールの銘柄になってしまうほど何もない都市である。

しかし、2017年、音楽でコクレーンを盛り上げるかもしれないバンドが現れた。

それが、sageである。

youtu.be

sageはエリック・パックエット(dr/vo)、マーク・メリシール(gt/vo)、エリック・トレンブレー(ba/vo)の3人からなる3ピースバンド。

そんな彼らの音楽を聴けばすぐにニルヴァーナを筆頭とするグランジシーンの影響を受けたバンドということがわかるだろう。

しかし、彼らは影響ではないのだ、彼らの音楽こそがグランジなのだ。

彼らが出した最新のEP「Procrastinate」が最高に素晴らしい。

彼らの音楽を聞いたら、押入れの奥にしまっていたニルヴァーナのTシャツを引っ張り出してきて着たくなってしまうだろうし、膝のあたりがボロボロになったダメージジーンズに黒いレザーのジャケットを羽織りたくなってしまうだろう。

グランジシーンの新たな星が2017年生まれたといっても過言ではない。

 

<iframe style="border: 0; width: 350px; height: 470px;" src="https://bandcamp.com/EmbeddedPlayer/album=4086330229/size=large/bgcol=ffffff/linkcol=0687f5/tracklist=false/transparent=true/" seamless><a href="http://sagerulez.bandcamp.com/album/procrastinate">Procrastinate by Sage</a></iframe>

 

あ、こういう感じなんですね、はじめて音源を手に入れる。

そんなに興味ないのになんか買ってしまったものってあるじゃないですか。

最近の筆頭が電気グルーヴの「TROPICAL LOVE」

欲しくない訳ではなかった、でも景気の悪いこの時代に1枚3,000円する音が出る円盤を衝動買いしてしまうとは、そこまで欲しかったのかな自分となってしまう。

 

さてさてなにわともあれ電気グルーヴである。

シャングリラと少年ヤングしか知らないや、そういえばちょっと前にアマゾンプライムでドキュメンタリーの映画を見たなぁ、なんて感じで全く接点は無いわけではないんだけど、あぁ電気ねみたいな感じだったのだが、なぜ今回のアルバムをフラゲ日にゲットしたかというと、石野卓球のインタビューが原因である。

 

彼は今回の楽曲を「GarageBand」で作成したと語ったのである。

しかも瀧の声もほとんどがMac付属のマイクにて取ったと。

マスタリング時にそれなりに調整しているとはいえ、これは一種の宅録であるとわたしは判断したのである。

石野卓球宅録したアルバム、食指が動かないわけがない。

 

作品の方はというと超絶とふざけの間。

良い意味でのふざけ。客演が何人かいるみたいなんだけどこのアルバム全体の5%ぐらいの養分にしかなってない。

それぐらい電気グルーヴですって言い切れちゃうぐらいのアルバム。

ガレージバンドで作ったとは思えない石野卓球渾身のトラックたちがすごい勢いで迫ってくるところを瀧のふざけた歌詞が上手く防いでくれるみたいな。

とにかく電気グルーヴとはなんぞやということを教えてくれるアルバムでした。

 

 

TROPICAL LOVE

TROPICAL LOVE

 

 

ジャンルも全ても飛び越えるバンド...のようなもの

情報化社会はあらゆる効能を生み出している。

例えば一節によるとインターネットが普及する前と現在で人々が目にする情報量は410倍にもなっているとされ、そうすると人間は情報の荒波に飲まれ頭は洪水状態、もう情報はいらないよとなっているらしい。

そこで大事になってくるのが情報の取捨選択。

何気なくぷらぷらTwitterを見ていたことが良かったようだ、2017年の最重要アルバム、skillkillsの新譜発売情報を逃さずに済んだからだ。

skillkills、バンド名からして不穏な匂いのするバンド。

ヒップホップのレーベルとして名高い「black smoker record」から音源を出した初のバンドとしても知られている。

やばい遺伝子との愛称がつけられるほど、とにかく音がリズムがめちゃくちゃだ。

 

youtu.be

もちろんバンドだからこの複雑な音を演奏しているんだけど、それがとても良い。

最初は打ち込みかなと思ったんだけどどうやら違うらしい。

この謎のリズム感、そしてそれに乗るスグルスキルのラップというよりはむしろポエトリーディングのような、心地良いしゃがれ声。最高すぎる。

この変態的、超変異種の3ピースにさらに今回、邦楽ロック界の奇人こと、向井秀徳が参加しているのである。

正直、バックで流れてる音も最高、マイルスみたいに屁をこく向井も最高なのである。

(そういう歌詞が曲中にあり、その後向井はブッヒーンと屁をこくのである)

ただ、どちらも変態的響きなので情報の洪水になること間違いなし、インターネット前から増えた410倍なんて比じゃないぐらいの洪水、もう溺れ溺れて気付いたら無人島みたいな、そこにK-BOBMまでマイクを握ってしまうなんてもう殺しにかかってきてる。

 

なにはともあれ、この超絶テクとも言わんともしがたい3人のグルーブ、時たまでる気の利いたパンチライン。音楽の波に溺れたいのであればお薦めのアルバムである。

ってか上記の動画が5000回少々しか再生されてない日本、どうかしてるぜ、ほんと。

 

 

The Shape of Dope to Come

The Shape of Dope to Come